★ウォーターサーバーなら放射能の心配無用!小さな子どもにも安心して提供できます!!★

東日本大震災による原発問題により、放射能という見えない恐怖を感じている人も少なくないと思います。震災以降、安全・安心な飲料水を求めてウォーターサーバーが爆発的に普及し、現在では多くの家庭でみかけるようになったのも放射能問題が大きな要因といわれています。水道水が危険というわけではないですが、より厳格に管理されている飲料水を利用することで、大人よりも影響が大きいと言われている小さな子どもにも安心して与えることができます。ウォーターサーバーにはRO水と天然水の2種類が水宅配業者から提供されています。RO水は、水道水などのお水を最先端のRO膜フィルターによって不純物をミクロレベルまで徹底して取り除かれたピュアウォーターです。水道水を利用するなら同じではないかと思われますが、RO膜は放射性物質を通過することが困難といわれるほど細かいフィルターとなっています。ただし、各社によって使用しているRO膜は異なってくるため、事前に確認すると良いでしょう。ウォーターサーバーを扱う事業者では、定期的に第三者に委託して放射能などが含まれていないかの水質検査を実施して公式サイトに結果を公表しているため、管理は徹底されています。それでもRO水は放射能による汚染が心配だという人は、天然水や国外のウォーターサーバーを利用することをおすすめします。天然水は、名水地から採取されたお水を利用しており、遠くは九州のお水が選べるため、より安全度は高くなります。また、RO水でもハワイウォーターなら、日本から遠く離れた地域のお水を利用可能なので安心です。以上のように、ウォーターサーバーといっても様々な種類やタイプがあるので、まずは比較サイトなどを利用して色々検討してみると良いでしょう。

ウォーターサーバー 放射能はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です